『戦略的マネジメント』で従業員10人以上の経営視点をもつ

最終更新: 7日前


10人を超えると、経営者の人間性や推進力だけでは売り上げが伸びない、あるいは従業員がついてこなくなるケースがあります。10人以上従業員を抱えている経営者は、それまでと全く異なる経営視点が必要になります。

経営者(管理者)に必要とされるマネジメントとして、10人以下の会社では「オペレーショナルマネジメント」、10人以上の会社では「戦略的マネジメント」が必要になります。


10人以下なら「オペレーショナルマネジメント」が重要

「オペレーショナルマネジメント」とは「結果に力点をおいて、決められた道をより良く走る管理」のことです。特徴は以下になります。

・細部に徹底的に気を配る

・短期的な結果に集中する

・未来の不確実性は無視する

・新しい代替案は考えない

「決められた仕事の結果をだす力」のことです。規模を広げられた経営者様なら間違いなくこのスキルを持っています。持っていなければたどり着けていません。また、優れた管理者などはこの管理力を持っています。

1人から3人、3人から5人、5人から10人。その都度、大変な努力をされてきたと思われます。従業員が10人を超えることは本当に大変な努力をされてきたと思います。

そのうえで従業員が10人以上になるとこれまでと違った「戦略的マネジメント」が求められるようになります。

10人を超えたら「戦略的マネジメント」が必要

「戦略的マネジメント」とは「意思決定に力点をおいて、進むべき方向を決めるマネジメント」のことです。特徴は以下になります。

・大きく、重要な問題に注意を絞る

・長期的なものの見方をする

・未来の不確実性に注意を向ける

・複数の代替案の中から選択する

「これからの方針を決める力」のことです。オペレーショナルマネジメントとの決定的な違いは不確実な未来の意思決定をする点です。そのためには情報収集・分析・代替案の作成などが必要になります。

不確実な未来に向けた意思決定をし、従業員に打ち出します。これは売り上げの拡大の確実性を高めることはもちろん、従業員が増えたことで伝わりづらくなる経営者の意図の意思共有になります。

「戦略的マネジメント」と「オペレーショナルマネジメント」を使い分ける

人が人を管理するには数に限界があります。不動産業務は「業務の拡大=営業マンの増加」なので、10人を超えると管理が行き届きづらくなります。管理を行き届かせるために能力の高いメンバーをリーダー(管理者)として「チーム制」「支店展開」「新規事業チームの立ち上げる」ケースが多いかと思います。

そのとき、一時的に売り上げが落ちることがあります。それはリーダーの「オペレーショナルマネジメント」がそれまで行っていた経営者ほどの力を発揮できないからです。


理由は3つあります。

① マネジメントに慣れていない

② マネジメントの手法がわからない

③ マネジメントの方針がわからない


①は2-3ヶ月もすれば解決します。

②は「マネジメントの手法」を教えなくてはなりません。時間がかかりますがリーダーが絶対に取得しなくてはならないことです。マネジメントの手法については別の研究を参照してください。→マネジメントの手法

③が戦略的マネジメントを必要とするところです。明確な方針を打ち出します。仮に「これまで私がやってきたことをそのまま実行してほしい」と伝えてもいずれリーダーは迷いを持ち始めます。なぜならば経営者は刻一刻と変わり続ける現状に対応し続けてここまでたどり着いています。その判断を行えるのは企業において経営者ただ一人だからです。どれほど判断力を持ったリーダーでも、経営者から明確な方針を明示し続けなければ、リーダーはオペレーショナルマネジメントに集中することができないのです。


この図は「戦略的マネジメント」と「オペレーショナルマネジメント」の領域を表したものです。

これまで経営者が一緒くたに行ってきたプロセスを分割します。

経営者は「最良の結果を目指した意思決定と準備、そして意思決定と根拠をリーダーに伝える」、リーダーは「計画を立案、実行し、最良の結果を目指す」 これにより経営者は不確定な未来への方針策定に集中することができ、リーダーは計画の実行と達成に集中することができます。

図の項目はいずれも重要ですが、不動産業界は他業界と比べて動きが鈍い業界なので最も重要なことは「意思決定を従業員へコミット」することです。

人数が少ない時は言葉や雰囲気で十分に伝わってきたことも人数が増えると伝わりづらくなります。明確な根拠、意思決定のプロセス、目的・目標、オペレーショナルマネジメントの具体的アイディアなどを明示して、従業員を納得させることが肝要になります。



「戦略的マネジメント」は事業拡大に欠かすことができません。時間も手間もかかることなので怠ってしまいがちですが、複数のリーダーたちに結果をだすために必要なことです。結果が伴えば数倍の利益を得ることができます。

また、図の中に含まれる「価値判断」「情報」「論理」「戦略代替案」などについては別の研究記事で紹介させていただきます!