不動産経営者・管理職の皆様

こんな悩みを抱えていませんか?

☑︎ リニューアルしたのにHP集客が伸びない…

☑︎ Web集客の正解が分からない…

☑︎ Web集客さえ成功すれば…

 

さらにこんな悩みはありませんか?

☑︎ 営業力はあるはずなのに成約が減っている…

☑︎ 新人が育たない…

​☑︎ 優秀な営業マンが離職する…

​☑︎ 管理職に適切な指示ができない…

 

これらの悩みは「ある一つの問題」が引き起こしています。一つでも該当されたならば無料動画をご覧になってください。もう悩まない「Web集客の考え方」を知りたくありませんか?

​↓  ↓  ↓  ↓  ↓

※いつでもワンクリックで解除が可能です。

※メールアドレスは個人情報保護方針に従い適正に管理します。

※機密性の高い情報です。情報の拡散は禁止しております。   

大手も中小も関係ない!

「売れている売買仲介」がしてきたこととは?

 

大手も中小も《営業スタイルのアップデート》をしてきた

2015年以降、大手・中小企業を問わずに売れている売買仲介が行ってきたことがあります。それは《営業スタイルのアップデート》です。ある会社では「ユニット制・分業制」というスタイル、ある会社では「エージェント制(売却・購入の分離)」というスタイル、ある会社では「コンサルティング制」というスタイルをとり始めました。スタイルの違いはありますが大手を中心に各企業はアップデートしてきました。つまり営業スタイルを更新してきたのです。どうしてアップデートする必要があったのか?その根本には社会が求める仲介業務の水準が高くなったことがあります。

 

新築マンションを中古マンションが上回る時代に

2016年、首都圏では新築マンションの供給件数を中古マンションの成約件数が上回りました。その要因は新築価格の高騰化、売却適齢期マンションの増加、資産性の見直し、リノベーション技術の進化など様々にありますが刮目すべきはかつて新築のお下がりと見られてきた中古への関心が高まっていることです。そして、中古への興味は顧客の期待(顧客が求める仲介業務の水準)に直結しています。そうして顧客の求めに応えるように様々な企業が《営業スタイルのアップデート》を行ったのです。

《大手・中堅各社アップデートのスタイル》

 

■ユニット制・分業制

三井不動産リアルティ、東急リバブル、中堅不動産会社を中心に導入している。

特徴1:エース営業マンのパフォーマンスを最大限活かせる

特徴2:新人の育成を段階的に行える

■エージェント制(売却・購入の分離)

SRE不動産(旧ソニー不動産)が先駆けて導入

特徴:売却主・購入主のエージェントとなり、強い信頼を得られる。

■コンサルティング制

中小不動産会社が導入

特徴1:専門的で多角的な知識で顧客の課題解決を目指す。

特徴2:企業規模を問わずに導入ができる。

これらのスタイルは並行して行えるものもあるので独立したものではありません。しかし、大手を含めた売れている不動産会社がこれらを顧客や株主にアピールしています。その理由は、これらのスタイルが共通して「顧客から信頼を得るもの」だからです。そして、これからの不動産業務の生命線になると判断しているからです。物も情報も溢れた時代背景から昔ながらの「セールス営業」では信頼を得られなくなってきたことを物語っています。大手を含めた各社が手探りで答えを探しています。その結果、仲介業務全体のレベルが急激に上昇しています。

 

アップデートは国の要請でもある

2016年に「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」になり法改正が行われました。

2016年改正「宅建業法」抜粋

■知識及び能力の向上(宅建業法第15条の3)

「宅地建物取引士は、宅地又は建物の取引に係る事務に必要な知識及び能力の維持向上に努めなければならない。」

■従業者の教育(宅建業法第31条の2)

「宅地建物取引業者は、その従業者に対し、その業務を適正に実施させるため、必要な教育を行うよう努めなければならない。」

法改正では「知識及び能力の維持向上」「従業者への教育」が求められています。これは改正前にはない条項でした。抽象的な表現に留まっていますが、これは国(=社会・顧客)からのメッセージです。「仲介会社はもっと進化してほしい!」という後押しなのです。大手が一挙に営業スタイルのアップデートを行ったもう一つの理由です。

これらに準じて多くの会社が営業スタイルのアップデートを行ってきました。

​まさにこれが「売れている仲介会社」が行ってきたことなのです。

営業スタイルの​アップデートは

大手・中堅から5名以下の会社まで行っています。

​2020年以降もこの流れは変わらないと推察されます。

 

あなたの会社はこんな状態に陥っていませんか?

 

 

2015-2016年以降、大手を筆頭に各社が営業スタイルのアップデートを進めてきました。一方で、明確なアップデートを行ってこなかった会社もあります。それらの会社がすべてが衰退したかというとそうではありません。変わらずに売上をあげている会社はあります。それでも変わらない売上をあげている会社は経営者様の嗅覚が優れていたからです。時代の流れを敏感に感じとり部分的なアップデートを行っていたのです。また、優秀な営業マンを抱えていることも要因にあります。

しかし、それらの明確なアップデートを行ってこなかった経営者様に話を伺うと悩んでいることに「ある傾向」がありました。

《明確なアップデートをしていない経営者様が悩んでいること》

☑︎Web集客が分からない、上手くいかない。

☑︎新卒・新人が1年経っても思ったように成長しない。

☑︎管理職の指示に戸惑いがあり、現場が混乱している。

☑︎優秀な営業マンが離職者する。

☑︎売上が安定しない。

☑︎働き方改革に対応できない

あなたの会社に当てはまるものはありましたか?

なければ今すぐこのページを離れてください。あなたの大切な時間を奪ってしまいます。しかし、当てはまるものがあるならば最後まで読んでください。あなたの会社にとって重要なことをお伝えできると思います。

集客、営業、人事。

多岐に渡るようで実はこれらの原因は一箇所にあります。

・Web集客が分からない、上手くいかない

・新卒・新人が1年経っても思ったように成長しない

・働き方改革に対応できない

これらは一見するとなんの関係もないように見えますが。

そうです。「ある傾向」とは