「分析」

不動産業務を

改善しませんか?

こんな悩み

抱えていませんか?

経営に行き詰まりを感じていて…。

新しいアイディアを実行してみたいけれど、なにから手をつけたらいいのやら…。

新人も管理職もなかなか育ちません

従業員が増えてきたのは嬉しいのですが、人材の管理をどうしていいのか困っています。

とにかく売上を伸ばしたい!

うちの社員はポテンシャルが高いから集客も営業ももっと伸ばせるはず!

経営者の抱える3大課題です

[1] 経営課題

​例えば

・経営判断の根拠がない

・長期的計画がない

・経営状況が不透明

・新規プロジェクトが進まない

[2] 人事課題

例えば

・新人が育たない

・管理職が育たない

・良い人材が入らない

・人が辞めていく

・従業員のモチベーションがあがらない

[3] 業務課題

例えば

・媒介が取れない

・成約率が上がらない

・集客が伸びない

・​チーム制を導入したい

・SNSやYouTubeを活用したい

分析で課題改善

経営者様をサポートします

これらは

まずは​「分析」についてを簡単な動画で!

さまざまな「分析理論」を活用

一緒に課題改善を目指します

How to ​Update

経営課題の改善方法

[1] 経営課題

・経営判断の根拠がない

・長期的計画がない

・経営状況が不透明

・新規プロジェクトが進まない

会社を全体的に見直したい!

会社分析で会社が見える

経営判断が明確になる

《会社分析でサポート》

 会社分析(経営分析)では「確率統計理論」「意思決定理論」をベースとした分析で経営者様をサポートします。「確率統計理論」の主な役割は会社の分析です。売上のプロセス分析、年間・月間売上の傾向分析、重回帰分析、ベイズ統計、検定、推定など様々な確率統計モデルを用いて会社の過去の分析、そして今後の分析の基盤をつくっていきます。「これまで会社の全体像がみえなくて困っていた」という悩みにお応えします。「意思決定理」の主な役割は経営判断のサポートです。経営者様が抱える問題を分析して、判断を下しやすくします。具体的なツールとしてはゲーム理論、ディシジョンツリー、ベイズ 決定理論、利得表などを中心に数理モデルを活用します。「経営者になってから決断の毎日。少しでも正確で楽に決断できるようになりたい」という悩みにお応えします。

《経営に「分析」が必要な理由》

経営者様は孤独な存在です。決して見ることのできない未来についてたった独りで最終的な判断を下さなくてはなりません。一度下した決断は、他の誰でもなく自分自身の責任。それは一般会社員には決して分からない重圧です。分析をすることで未来を見通すことができるわけではありません。ですが、分析は「確率が高いこと」「確率が低いこと」を振り分けることができます。「確率がたかいこと=ほぼ確かなこと」を知ることができ「確率が低いこと=慎重な判断が必要なこと」を見つけることができるのです。それらを知ることで、確率の高い判断を楽にし、慎重な判断に集中することができるようになります。

《いま分析が活きる理由》

 GAFAと呼ばれるベンチャー企業がわずか20年で世界を席巻する巨大企業になったのはデータ分析に優れた企業だったからと言われています。ITの進歩によってデータの収集が容易になり、様々な分析に活用できるようになりました。彼らは自分たちの経営判断を分析しながら成長してきたのです。一つの例としてAmazonは毎年のように新規事業を立ち上げ、事業を分析し、利益が得られそうなら続け、利益が得られなさそうなら早期撤退を繰り返してきました。データ分析によって新規事業が会社の成長に繋がるのかを判断していました。データ分析は巨大企業だけのものではありません。数人規模から中規模の会社でも活用できるものです。また、日本はデータ分析の活用が遅れていると言われています。先んじて行うことで他社に負けない会社づくりが可能となります。

《実際に行うこと》

 会社の規模·状況·プランによって変わりますが、具体的には以下のように行います。

  1. 経営者様から課題(悩み事)のヒアリング

  2. 会社の状況調査

  3. 調査結果レポートの作成

  4. 調査結果レポートを基にした改善案のミーティング

  5. 改善案の導入方針·方法の策定

  6. 改善案の導入準備

  7. 現場とのすり合わせ

  8. 改善案の導入(導入サポート)

  9. 導入後の観測

  10. 改善案の効果測定

  11. 改善案の効果測定から得た課題のミーティング

How to ​Update

人事課題の改善方法

[2] 人事課題

・新人が育たない

・管理職が育たない

・良い人材が入らない

・人が辞めていく

社員のモチベーションを上げたい

モチベーションを高め

社員を伸ばす人事分析

《人事分析とは?》

 社員の育成、モチベーション管理、人間関係など、人事についての課題は枚挙に暇がありません。そして、殆どの会社が慢性的に抱えている課題でもあります。チミトリーでは人事課題に対して「行動分析理論」を用いて人事活動をサポートします。行動分析理論はその名前の通り「人の行動を分析し、改善に活かす理論」です。「育成」「モチベーションUP」「上司部下の関係性」などの改善を行います。例えば、新人育成が上手くいかないケースでは「業務行動分析」を行い、表や数字で表します。定量化することによって「営業活動のどの部分が伸びていないのか?」を把握することができます。それによって、経営者様はもちろん管理者の方々が適切に指導·アドバイスすることができるようになります。「管理職が育たない・社員のパフォーマンスが上がらない」という悩みにお応えします。

《人事仲介とは?》

経営者様と社員の方々の間に入り、課題の解決を目指します。経営者様にとって、人事は人間関係でありながら人間関係ではありません。なぜならば経営者様にとって従業員は共に働く仲間でありつつ人財でもあるからです。両方の観点のバランスを保ちながら業務に臨んでいらっしゃるなか、時としてどちらかに偏り過ぎてしまうことがあると思います。関係性を適正なバランスに戻すために経営者様に替わって関係者の方々の抱えている問題をヒアリング、結果を報告します。そして、間に入りバランスを適切な状態に保てるようにお手伝いします。「社員が何を考えているか判らない」という悩みにお応えします。

《実際に行うこと》

  1. 経営者様から課題(悩み事)のヒアリング

  2. 人事·管理職の方々へのヒアリング(調査)

  3. 従業員の方々へのヒアリング(調査)

  4. ヒアリング内容をまとめた報告書の作成

  5. 経営者様へ報告

  6. 報告書を基に経営者様の考えを整理

  7. 人事·管理職の方々とミーティング(共有·納得)

  8. 改善案の策定

  9. 従業員の方々へ共有·導入

  10. 効果の測定

  11. 導入後の観測

  12. 改善案の効果測定

  13. 改善案の効果測定から得た課題のミーティング

How to ​Update

業務課題の改善方法

[3] 業務課題

・媒介が取れない

・成約率が上がらない

・集客が伸びない

・SNSやYouTubeを活用したい

とにかく売上を伸ばしたい!!

利益の向上・安定の基礎を

業務分析で無理なく作る

《業務分析とは?》

 営業業務、事務業務、集客、ウェブサイト、業務効率などの「業務の分析」を行い、改善を目指します。例えば「業務効率を高めたい」のような普段の業務から「営業の成約率を高めたい」のような売上に直結する業務まで扱います。基本方針は「できる限り費用を掛けずにアプローチの変化によって効果を高める」ことです。私たちの過去の事例では、アプローチを変えるだけで200%改善されたケースもあります。費用を掛けずに効果を発揮できることが「業務の改善」と表現する所以です。

《実績のあるアイディア》

 また、すでに実績のある不動産業務の紹介も行なっています。「マニュアル制作」「集客を増やす方法」「一括査定サイトの攻略方法」など、売買仲介や買取再販の売上が向上するアイディアをご紹介します。これから売買仲介や買取再販を始める際の基盤づくりのサポートも行います。IT業界と比べ不動産業界は変化が緩やかなため、業務が10年前あるいは20年前と変わらない会社様を拝見することがあります。不動産業務の基本は今も昔も大きな違いはありませんが、新しい技術やアイディアによって業務の効率が飛躍的に向上することがあります。無料で導入できるアプリケーションや業務効率を高めるツールなども併せてご紹介いたします。

《実際に行うこと》

  1. 経営者様から課題(悩み事)のヒアリング

  2. 人事·管理職の方々へのヒアリング(調査)

  3. 従業員の方々へのヒアリング(調査)

  4. 会社内の業務調査

  5. 会社内の業務分析

  6. 分析報告書の作成

  7. 経営者様へ報告

  8. 経営者様と改善案のミーティング

  9. 改善案の策定

  10. 管理職の方々とミーティング

  11. 従業員の方々への共有·導入

  12. 効果の測定

  13. 導入後の観測

  14. 改善案の効果測定

  15. 改善案の効果測定から得た課題のミーティング