Research

​実務研究

Case

査定の根拠

一戸建てをモデルにして予想売却価格を計算します。

土地面積:42.72㎡

建物面積:88.3

駅距離 :徒歩2分

​築年数 :13年

1. まずは過去5年前までの成約事例を集めます

不動産実務ー査定

ポイント

① 近隣の事例 

② 古すぎる事例は使わない 

③ 事例数は多い方がいい

④ 高く(安く)売れた事例も使う

​今回は40件以上事例を集めたので十分なデータが得られています。大規模マンションなどで事例が多いときはデータも集めやすく、正確な結果が出やすいです。​今回は「土地面積」「建物面積」「駅距離」「築年数」で回帰式をつくります。

※表はクリックすると大きく表示されます

2. エクセルの「重回帰分析(分析ツール)」にデータを入力する

「分析ツール」の使い方は、言葉で説明するのは難しいので動画で説明します。現在作成中なのでお待ちください。

​一度覚えればとっても簡単です!

3. 結果から回帰式を作成する

不動産実務ー査定

ポイント

①「補正R2(結果が信頼できるかの値)」の数値が0.7以上であること。最大値は1です。

ポイント

②「係数」を用いて回帰式を作成する。

回帰式を作成すると…

不動産実務ー査定

式に今回の物件の値を代入すると…

不動産実務ー査定

売却予想価格

約5,400万円

​という結果がでました。

4. 結果を査定書に入れる(完成)

不動産実務ー査定

こんな風に査定書の査定ページに加えてみてください。

客観的な数字は売主さんの信頼度を向上してくれます。

もちろん会社や営業の方々が蓄積してきた査定を捕捉するものです。「その査定の根拠は?」と仰る売主さんにお答えするツールにしても良いですし、査定方法のひとつとしても良いと思います。

私もはじめは見慣れない言葉や数字で驚いてしまいましたが、慣れるととっても面白く、不動産業界におあつらえ向きなデータ解析でした。ぜひ活用してみてください!